スタッドレス・タイヤ

要するに雨が降り出したらこういう変化を敏感に感じる人ほど安全なドライバーなのである。濡れた道路を勢いよく駆ければ滑って転んだりすることは子供でも分かる。それが自動車に乗ってしまうと無関心になる。レーシング・ドライバーなどは路面を見ただけで滑り具合が分かる動物的な感性の強い人の方が成功している。滑るので代表的な悪条件は雪が積もった道路である。降雪地の人は免許を取ってからすぐにそれを経験するからテクニックも身体で覚えられる。しかし、雪の降らない地方で育ったドライバーは、急に4WDの商性能車に乗っても失敗をする。それは考え方が違うからだ。このように、雪道の運転はいくら腕がよくても、まず装備が整わなければうまく走れない。その代表的な違いはタイヤで、普通のタイヤでは雪の上を走ることは出来ない。これは法律で決められた義務だから、何らかの滑り止めを装着しなければならない。もっとも普及しているのはタイヤに巻き付けるチェーンで、今ではプラスチックやゴムのネットもある。これらはあくまでもふつうのタイヤで走るための補助的なもので、降雪地ではいわゆる冬タイヤというスノー・タイヤやスタッドレス・タイヤを装着する。道路を傷めるためスパイク・タイヤが禁止されたので今後はスタッドレス・タイヤが主役になる。チェーンよりスピードは出せるが、新雪などでは走破力は限られる。中古車 高く売る ←こちらではその他、車関連情報がたくさんあります。


DW167_L

Comments are closed.