自動車の運転技術

この二つが大きな原因だが、実際には雨の日のアスファルト道路ではそう簡単にスリップは起きない。タイヤの発達と、スポーティなタイヤの採用で日常の常識的なスピードではスリップしにくくなった。逆に言えば、狼少年のようにスリップに注意といわれるけど実際にスリップした経験がないので甘く見ているドライバーが多い。だが、どんなにいい車でもゴム・タイヤで走っている限りスリップは避けられない。スリップを避けるためにはポンピング・プレ.-キがいいと教習所などでは教える。だが、これを誤解していると逆効果だ。自動車はブレーキだけでなく前後軸にスプリングがついているから、あまり、急激なポンピング・ブレーキではかえって前後に車体を揺するので静かに踏んだ時より安定を悪くすることがある。ポンピングというのは、何回にも分けてブレーキを静かにかけろという意味だ。アンチ・ロック・ブレーキ(ABS)は、これを電子制御で1秒間に加回もの速さで繰り返す仕掛けである。しかし、ブレーキ・ロックにしろ、急ハンドルによるサィドスリップも、突然起きるものではない。自動車の運転技術は結果だけを言うことが多いが、これも結果だけで防ごうとしても無理である。まず、サィドスリップを起こしやすい路面は直進していても分かるものである。アスファルトが雨で濡れてくると、それだけで路面の摩擦力が減る。その変化はタイヤから感じられるわけだが、まずハンドルの動きが軽くなる。今ではパワー・ステアリングが普及しているが、それでもハンドルの手ごたえは軽くなるはずである。それが極端に違うのはセンター・ラインや交差点の区画線の上である。滑りにくい材料なのだが塗料はアスファルトより滑りやすい。←こちらではさまざまな情報を見られます。

DW172_L

Comments are closed.