雨の日のテクニック

雨の日のテクニックとしては、車の整備状況はもちろんだが、自分を早く確認してもらうためにライトを点灯するとか、方向指示のフラッシャーはオーバーなぐらい手前から出すとか、ふだんより車線変更をしないようにするとか、自分で防衛連転に徹するしかない。もらい事故だといっても結局は相手に意思が伝わっていない自分の防衛が甘かったのである。スリップは突然には起きないさて、問題の雨の日のスリップである。これも一般には「急ハンドル、急ブレーキ」が原因だといわれている。題からは救われる。たしかに、急ブレーキをかけるとタイヤの回転は止められても、そのままロックして滑り出してハンドルが効かなくなる。つまり、ロックすると止まれないだけではなく方向が定まらないから衝突してしまうのだ。ASC、ABSが装着されたトヨタ車では、少なくともブレーキを踏みながらハンドルは切れるのでこの問急ハンドルは、スピードを出しすぎるより、カーブや障害物に気がつくのが遅れて慌ててハンドルを大きく切ってよけようとする時に起きる。だから横滑りというより曲がれないで直進してしまう状態が多い。FF車ではそれを避けようとさらにアクセルを踏んだりするとかえって滑りをひどくする。←こちらから車に関する知識を養いましょう。

DW182_L

Comments are closed.